読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五話『腐女子と仲良くなった者勝ち!』

                          ☆腐注意☆

昨日の放送の内容について物凄く聞きたい。

なにがあったんだろう。

あっ、次音楽だから教室移動しないと…。

「…えっ?」

昨日の放送の意味、今わかったんだけど。

この状況をどうしろと?

状況を説明すると…

神城くんが川谷くんに壁ドンされてて、しかもキスしてる。

…見てはいけないものを見てしまった気がする。

「…あっ、愛華!違うんだ!これは!」

「大丈夫、誰にも言わないから。」

「いや!違うんだって!俺こんな趣味ねぇから!」

「まず聞こう。なんでいちゃついてるの?」

「これはだな、腐女s「腐女子に媚びてモテようとしてるんだよ、俺ら。」

「いや、今十分にモテてるよね?川谷くんなんて女の子で遊んでるよね?女ったらしだよね?」

「それとだな、◯ィープキスの練習をs…」

「生々しいからそれ以上言わないで!これ見てる人の中には腐が苦手な人もいるんだから!」

「…悪かったよ、もうやらない。よし!じゃあこんどはs「はいこれ以上はストップ!もうこれ以上状況を悪化させないでねほんとに!」

「「はい。」」

「ていうか、こういうのは漫画とかの中ならともかく、リアルでやっちゃダメ。みんな引くから、普通。」

「いやでもこれ一応小説だぜ?」

「はいそこ!メタいこと言わない!」

「はい^^」

「実際これで被害に遭うの、私とこれを見てるみんななんだからね⁉︎わかってる⁉︎」

「悪かったって(笑)」

「笑ってる場合か!」

私は思いっきり神城くんのお腹に手をぶつけた。そしたら神城くんが変な声を出して…

出してって…

「…神城くん。」

「さっきのはついでてしまったんだよ!悪かったって!もうしねぇからー!」

(キーンコーンカーンコーン)

「あっ!そうだ!次音楽だ!」

「えっ、そうなのか⁉︎ヤベェなんもしてねぇ!」

「ほんとバカなの神城くんは!」

テヘペロ(・ω<) 」

「ブリこらないの!バカホモ変人サイコパス腐女子媚び野郎!」

「なにその長いあだ名(笑)」

「早く急がないと!」

「はい^^」

                                   (終)